専門のジャンルに特化した買取サービスを選んだほうがいい理由

買取サービスには2つの形態が存在する

今やどんな品物でも売れる時代になりました。
現在はフリマアプリやネットオークションなどが普及していますが、安全に売りたいなら買取サービスの利用が最適です。
買取サービス&フリマアプリでお酒を売る時のメリット・デメリットに関しても紹介していますので読んでみて下さいね。)

個人間取引みたいなトラブルはありませんし、業者に買取を依頼するだけで済む手軽さがメリットとなっています。

しかし、一口に買取サービスとはいっても、総合型と特化型の2種類あることを知っていますか?

総合型とは、様々な種類の品物を買い取っている業者のことです。
例えば着物と一緒に骨董品を売ったり、化粧品以外にゲームも買取してくれるような業者が該当します。
ちなみに大半の買取業者は総合型です。

対する特化型は、特定のジャンル・品物のみを買取してくれる業者をいいます。

例えば酒買取の専門店のファイブニーズや、ゲーム買取専門店のゲーム買取ブラザーズなどが当てはまります。
いずれも特定分野の品物のみを買取対象にしています。

一見すると、色んな品物を一度に売れる総合型が優れているように感じるでしょう。
確かに便利さなら総合型が勝りますが、高く売りたいなら特化型の業者がおすすめです。

例えば着物と骨董品を売りたいなら、それぞれに特化した業者へ買取を依頼するのがよいでしょう。

専門特化型のサービスを選んだほうがいい理由

品物を売りたい時は、総合型より特化型の業者を選ぶべきですが、以下のような理由があるためです。

  1. 相場を熟知しており高価買取が期待できる
  2. その分野の専門知識を持つプロが在籍している
  3. 経験や実績豊富なプロが査定してくれる
  4. 有資格者も多いので安心、かつ信頼性が高い
  5. その分野の買取対象の幅が非常に多い
  6. 総合型で買取を断られた品も売れる場合がある

特に強みといえるのが買取価格です。
総合型は相場を把握していない場合が多く、特化型より安値で査定することも珍しくありません。

逆に特化型は相場を熟知しているため、総合型より高値が付きやすいんです。
その分野のプロが査定を行いますから、適性な価格で売れるのも強みです。
有資格者が在籍する業者も少なくありません。

また、意外に買取対象の品目も幅広いです。
例えば酒買取専門業者の場合、コルクの替栓や空き瓶など、お酒以外の品も買取してくれることがあります。

こうした点も総合型と特化型の違いです。
総合型との業者で値が付かなかった品でも、特化型なら売れる可能性があります。

沢山の不用品を売りたいなら、総合型の買取サービスを選ぶのも悪くありません。
逆に価値が高い品物を売りたい時は、その分野に強い特化型のほうがよいでしょう。

色んな品物を売るのは大変ですが、損をしたくない方にも特化型をおすすめします。