少しでも高く買取してもらうポイント【すべての買取サービス共通】

品物を高く売るポイントは5つ

現在はほぼどんな品物でも売れる時代です。
色んな買取サービスがありますので、不用品はまず査定を受けてみるとよいでしょう。

しかし、高く買い取ってもらうにはコツがいります。

以下では、高額査定に欠かせないポイントを5つご紹介します。
不用品を高く売りたい方は必見です。

ポイント①買取サービスで高額買取になるのは”新古品”

品物を買取してもらう時、特に高額買取されやすいのは新古品です。
いわゆる展示品というやつですが、中古よりもコンディションが良いことから、高値が付きやすくなっています。

ただし、新古品はめったにお目にかかれず、買取りに出す品はほとんどが中古として扱われます。

このため、新古品と同様のコンディションを保つことが高額買取のポイントです。
お酒を買取りに出す場合、ボトルの汚れやホコリをしっかり取り除き、見た目をきれいに保つことが重要です。

特に開封・開栓したものは価値が下がりますので、見た目だけでもきれいにしておきましょう。

ポイント②買取に出す時間・時期に気を付ける

買取してもらうタイミングにも注意が必要です。
品物によって異なりますが、物品のニーズは時期によって変動します。

例えば着物であれば、初詣や成人式、卒業・入学式など、大きなイベントがある際にニーズが増します。
少しでも高く売るなら、これらのイベント前に査定を受けるとよいでしょう。

また、アウトドア用品であれば夏場に需要が増しますので、夏休みに前には買取してもらうことをおすすめします。

一方でお酒や化粧品のように、普段から飲まれるものや肌に触れるものは、1日でも早く売ることが大切です。

時期により価値が変わりますが、経年による品質の劣化のほうが大きいため、時間が経つほど価値は下がるんです。
ちなみにゲームやパソコンなども同じですので、1日でも早く査定を受けましょう。

最新作や機種が出てからでは遅いです。
中古価格が下がるため、それに伴って買取相場も下落してしまいます。

ポイント③箱などの付属品も一緒に出す

付属品を捨ててしまう方は多いのではないでしょうか。
例えばお酒に付いていた箱や、ブランドバッグに付属したタグ・袋などの付属品は、普通に考えると取っておいても無駄です。

しかし、その品物を売る予定があるなら、捨てずに取っておくことをおすすめします。

実は箱などの付属品も査定に関わってくるんです。
お酒を例にしますと、箱やギャランティーカードを一緒に査定へ出したほうが高く売れます。

お酒の買取相場は、付属品が全て揃っている状態(完品)を想定しています。
相場どおりの価格で売りたいなら、全部そろえた状態で査定へ出すことが重要です。

しかし、捨ててしまった場合はそのまま査定に出しましょう。
再び別途揃えるのも大変ですし、余計な労力がかかります。

ポイント④複数をまとめて買取に出す

売りたい品物が複数ある時は、必ず一度にまとめて買取へ出しましょう。
業者が各種品物を買い取る際、人件費や出張費など様々なコストがかかります。

このため、一度にまとめて売ると余計なコストを省けるため、高額査定になりやすいんです。
例えばお酒を5本売りたい場合、5回に分けるより1回でまとめ売りしたほうが買取価格は高くなります。

お酒以外の品も同じで、細かく売却しても損をするだけです。

1円でも高く売りたい、相場より高値で売りたいという方は、一度に全部売ることを意識しましょう。
なお、業者によっては出張買取に対応しています。

大量に売るものがある時は、持ち運びや梱包の手間を省ける出張買取を活用しましょう。

ポイント⑤定期的に行われるキャンペーンを活用する

買取業者はキャンペーンを実施している場合があります。

普段よりお得に売れるのはもちろん、買取価格が10%以上高くなることも珍しくありません。
業者によっては定期的にキャンペーンを実施しますので、そのタイミングを狙って査定へ出すのもよいでしょう。

逆に不定期に行われる場合もありますが、運良くキャンペーン中だった時は利用をおすすめします。

ただし、お酒のように品質が劣化する品を売りたい方は、1日で早く売ることを優先しましょう。

キャンペーンを待っていうちに劣化し、価値が0になる可能性も捨てきれません。
損をすることも考えられるため、売りたくなったらすぐ査定を受けましょう。