少しでも高く買取してもらうポイント【すべての買取サービス共通】

品物を高く売るポイントは5つ

現在はほぼどんな品物でも売れる時代です。
色んな買取サービスがありますので、不用品はまず査定を受けてみるとよいでしょう。

しかし、高く買い取ってもらうにはコツがいります。

以下では、高額査定に欠かせないポイントを5つご紹介します。
不用品を高く売りたい方は必見です。

ポイント①買取サービスで高額買取になるのは”新古品”

品物を買取してもらう時、特に高額買取されやすいのは新古品です。
いわゆる展示品というやつですが、中古よりもコンディションが良いことから、高値が付きやすくなっています。

ただし、新古品はめったにお目にかかれず、買取りに出す品はほとんどが中古として扱われます。

このため、新古品と同様のコンディションを保つことが高額買取のポイントです。
お酒を買取りに出す場合、ボトルの汚れやホコリをしっかり取り除き、見た目をきれいに保つことが重要です。

特に開封・開栓したものは価値が下がりますので、見た目だけでもきれいにしておきましょう。

ポイント②買取に出す時間・時期に気を付ける

買取してもらうタイミングにも注意が必要です。
品物によって異なりますが、物品のニーズは時期によって変動します。

例えば着物であれば、初詣や成人式、卒業・入学式など、大きなイベントがある際にニーズが増します。
少しでも高く売るなら、これらのイベント前に査定を受けるとよいでしょう。

また、アウトドア用品であれば夏場に需要が増しますので、夏休みに前には買取してもらうことをおすすめします。

一方でお酒や化粧品のように、普段から飲まれるものや肌に触れるものは、1日でも早く売ることが大切です。

時期により価値が変わりますが、経年による品質の劣化のほうが大きいため、時間が経つほど価値は下がるんです。
ちなみにゲームやパソコンなども同じですので、1日でも早く査定を受けましょう。

最新作や機種が出てからでは遅いです。
中古価格が下がるため、それに伴って買取相場も下落してしまいます。

ポイント③箱などの付属品も一緒に出す

付属品を捨ててしまう方は多いのではないでしょうか。
例えばお酒に付いていた箱や、ブランドバッグに付属したタグ・袋などの付属品は、普通に考えると取っておいても無駄です。

しかし、その品物を売る予定があるなら、捨てずに取っておくことをおすすめします。

実は箱などの付属品も査定に関わってくるんです。
お酒を例にしますと、箱やギャランティーカードを一緒に査定へ出したほうが高く売れます。

お酒の買取相場は、付属品が全て揃っている状態(完品)を想定しています。
相場どおりの価格で売りたいなら、全部そろえた状態で査定へ出すことが重要です。

しかし、捨ててしまった場合はそのまま査定に出しましょう。
再び別途揃えるのも大変ですし、余計な労力がかかります。

ポイント④複数をまとめて買取に出す

売りたい品物が複数ある時は、必ず一度にまとめて買取へ出しましょう。
業者が各種品物を買い取る際、人件費や出張費など様々なコストがかかります。

このため、一度にまとめて売ると余計なコストを省けるため、高額査定になりやすいんです。
例えばお酒を5本売りたい場合、5回に分けるより1回でまとめ売りしたほうが買取価格は高くなります。

お酒以外の品も同じで、細かく売却しても損をするだけです。

1円でも高く売りたい、相場より高値で売りたいという方は、一度に全部売ることを意識しましょう。
なお、業者によっては出張買取に対応しています。

大量に売るものがある時は、持ち運びや梱包の手間を省ける出張買取を活用しましょう。

ポイント⑤定期的に行われるキャンペーンを活用する

買取業者はキャンペーンを実施している場合があります。

普段よりお得に売れるのはもちろん、買取価格が10%以上高くなることも珍しくありません。
業者によっては定期的にキャンペーンを実施しますので、そのタイミングを狙って査定へ出すのもよいでしょう。

逆に不定期に行われる場合もありますが、運良くキャンペーン中だった時は利用をおすすめします。

ただし、お酒のように品質が劣化する品を売りたい方は、1日で早く売ることを優先しましょう。

キャンペーンを待っていうちに劣化し、価値が0になる可能性も捨てきれません。
損をすることも考えられるため、売りたくなったらすぐ査定を受けましょう。

専門のジャンルに特化した買取サービスを選んだほうがいい理由

買取サービスには2つの形態が存在する

今やどんな品物でも売れる時代になりました。
現在はフリマアプリやネットオークションなどが普及していますが、安全に売りたいなら買取サービスの利用が最適です。
買取サービス&フリマアプリでお酒を売る時のメリット・デメリットに関しても紹介していますので読んでみて下さいね。)

個人間取引みたいなトラブルはありませんし、業者に買取を依頼するだけで済む手軽さがメリットとなっています。

しかし、一口に買取サービスとはいっても、総合型と特化型の2種類あることを知っていますか?

総合型とは、様々な種類の品物を買い取っている業者のことです。
例えば着物と一緒に骨董品を売ったり、化粧品以外にゲームも買取してくれるような業者が該当します。
ちなみに大半の買取業者は総合型です。

対する特化型は、特定のジャンル・品物のみを買取してくれる業者をいいます。

例えば酒買取の専門店のファイブニーズや、ゲーム買取専門店のゲーム買取ブラザーズなどが当てはまります。
いずれも特定分野の品物のみを買取対象にしています。

一見すると、色んな品物を一度に売れる総合型が優れているように感じるでしょう。
確かに便利さなら総合型が勝りますが、高く売りたいなら特化型の業者がおすすめです。

例えば着物と骨董品を売りたいなら、それぞれに特化した業者へ買取を依頼するのがよいでしょう。

専門特化型のサービスを選んだほうがいい理由

品物を売りたい時は、総合型より特化型の業者を選ぶべきですが、以下のような理由があるためです。

  1. 相場を熟知しており高価買取が期待できる
  2. その分野の専門知識を持つプロが在籍している
  3. 経験や実績豊富なプロが査定してくれる
  4. 有資格者も多いので安心、かつ信頼性が高い
  5. その分野の買取対象の幅が非常に多い
  6. 総合型で買取を断られた品も売れる場合がある

特に強みといえるのが買取価格です。
総合型は相場を把握していない場合が多く、特化型より安値で査定することも珍しくありません。

逆に特化型は相場を熟知しているため、総合型より高値が付きやすいんです。
その分野のプロが査定を行いますから、適性な価格で売れるのも強みです。
有資格者が在籍する業者も少なくありません。

また、意外に買取対象の品目も幅広いです。
例えば酒買取専門業者の場合、コルクの替栓や空き瓶など、お酒以外の品も買取してくれることがあります。

こうした点も総合型と特化型の違いです。
総合型との業者で値が付かなかった品でも、特化型なら売れる可能性があります。

沢山の不用品を売りたいなら、総合型の買取サービスを選ぶのも悪くありません。
逆に価値が高い品物を売りたい時は、その分野に強い特化型のほうがよいでしょう。

色んな品物を売るのは大変ですが、損をしたくない方にも特化型をおすすめします。

買取サービス&フリマアプリでお酒を売る時のメリット・デメリット

お酒は買取サービスとフリマアプリで売れる

お酒を売る代表的な手段は買取サービスとフリマアプリです。
どちらも非常に便利でなため、売りたいお酒がある方は、いずれかの方法で売却するのもよいでしょう。

ただ、どちらがお得に売れるか迷ってしまいませんか?
基本的に買取サービスとフリマアプリは異なる手段ですので、メリット・デメリットを見て判断しましょう。

お酒を買取りサービスで売る

まず考えられる方法が買取サービスです。
お酒は沢山の業者が買取しており、中には酒買取専門の業者もあります。

様々なメリットがあるため、特に初心者におすすめの方法です。
ただし、少なからずデメリットもあります。

メリット

酒買取サービスのメリットは主に以下の4つです。

  1. 手間がかからない
  2. 沢山のお酒を一度に売れる
  3. 自分で価格設定をする必要がない
  4. フリマアプリよりトラブルが少ない

特に大きな強みがは、手間をかけずに沢山のお酒を売れる点でしょう。
業者の買取方法は、店頭や宅配、出張の3種類ありますが、特に宅配・出張買取は手間がかかりません。

1本だけ売りたい時はもちろん、数本・数十本単位で売ることも可能です。

お酒は業者が査定してくれますので、自分で価格を設定する必要がありません。

もし査定結果に納得がいかなくてもキャンセルができます。
フリマアプリよりトラブルも少ないため、安心して売りたい方にも買取サービスが適しています。

デメリット

一方、買取サービスにも次の3つのデメリットがあります。

  1. 業者選びを間違えると損をする
  2. 出張買取に対応していない業者や地域もある
  3. 買取可能なお酒の種類は業者による

最も気を付けておきたいのが業者選びです。
酒買取業者は様々ありますが、相場の知識に乏しい業者や、安く買い叩く悪徳業者も存在します。

運悪くこうした業者に買取を依頼すると、大幅に損をする可能性があるんです。

また、出張買取に非対応の業者や、対応エリアが限られることも珍しくありません。
買取できるお酒の種類も業者によりますので、事前に確認することが大切です。

どの業者がいいのかわからないって人は、私がお酒を売る時に実際に利用してとてもいいなと思った酒買取業者ファイブニーズをチェック!

フリマアプリでお酒を売る

フリマアプリを使った経験がある方は少なくないでしょう。
手軽に不用品を売買できるため、お酒を売りたい方も検討の余地があります。

ただし、メリットよりデメリットのほうが多いため注意して下さい。

メリット

フリマアプリのメリットは以下の3つです。

  1. いつでも好きな時に利用できる
  2. 自分の好きな値段で売れる
  3. 買取可能なお酒の種類は業者による
  • 初心者でもスマホがあれば使える
  • いつでも好きな時に売れることや、自由に値段設定できることが魅力です。

    特に買取サービスとは違って値段は自由に付けられるので、高く売りたい方にとっては大きなメリットでしょう。
    スマホがあれば利用できる手軽さも強みとなっています。

    デメリット

    一方、フリマアプリはデメリットが多いことに注意が必要です。

    1. ユーザーの質が悪いアプリもある
    2. 一方的なキャンセルなどのトラブルも多い
    3. 手間がかかる割に売れる保証が無い
  • 酒類販売業免許が必要になることも…
  • 特にネックなのがユーザーの質でしょう。
    フリマアプリは匿名でやり取りできるうえ、若い方の利用も少なくありません。

    そのため、マナーが悪いユーザーや、様々なクレームを付けるユーザーもいます。
    一方的なキャンセルなどのトラブルも起こりかねません。

    なお、自分で出品しないといけないのもネックです。
    写真を取ってお酒の状態や説明を書き、利用者の質問に答えて…と、あれこれやることがあります。

    手間がかかる反面、売れない可能性もあるので、面倒なのが嫌な方は避けるべきでしょう。

    酒類販売業免許が必要になるおそれもあります。
    特に何回もお酒の売買を繰り返した場合、営利目的と取られかねませんので、大量のお酒を売りたい方は注意しましょう。

    まとめ

    フリマアプリは初心者でも利用できる利便性が魅力です。
    しかし、総合的に見ると酒買取サービスが安心・安全でしょう。

    自由に値段は付けられませんが、トラブルも非常に少なく、適性な価格で売却できます。
    基本的に1本から買い取ってくれますので、お酒を売るなら買取サービスの利用がおすすめです。